special issue-COAT-

%e6%8e%a5%e7%b5%90
皆さま、こんにちは:)
ようやく気温も落ち着いたと思った傍から、
冬の訪れも間近に感じるようになってきましたね。
この時期、胸に去来するトピックと言えば。
「今年の本命アウターをどうするか。」
悩ましい問題です。
だけど嬉し楽しいこの悩み。
まずは自分のリクエストを整理して、
気になるアウターをpick up!!

 

 

request:何はなくともトレンドを押さえたい
answer: 「long&volume」シルエットがおすすめ

63afc041%e3%82%ac%e3%82%a6%e3%83%b3 63afc041%e3%82%ac%e3%82%a6%e3%83%b3%e5%be%8c%e3%82%8d

coat ¥48.000+tax
ガウン風のコートはロング丈とボリュームシルエットがまさに今の気分。
どことなくヴィンテージな雰囲気が漂い、
羽織るだけでアップグレードしたスタイリングに。
ボリュームはあれど、落ち感のある素材なので流れるようなシルエットが◎
思いっきり背を抜いて着て、なんだかアンニュイなモード感を漂わせてみて。

 

 

 

 

request:今から着られて冬もOK.
ヘビー&ロングユース希望
answer:「接結素材」がおすすめ

63afc030%e6%8e%a5%e7%b5%90

接結素材とは、2枚の生地を縫い合わせて作る生地のこと。
そのため裏地はなくとも温かみがあり、かつ軽やかな仕上がりが最大の長所。
1erではより柔らかく、しなやかな素材を別注いたしました。
表面をふんわりと毛羽立たせたのち、毛並を整えるビーバー加工という手法を、
表・裏の両面に採用。
普通は片面のみの加工が多いので、両面加工はめずらしいそう。

63afc030%e6%8e%a5%e7%b5%90%e2%91%a1

coat   per¥58.000+tax
デザインはシンプルながら、高めに設定されたラペルや今年らしいボディのボリューム感、
合わせるボトムスを限定しない丈感等、こだわり抜かれた一着。

 

request :他にはない個性が欲しい
answer :素材選びで差をつけて。

%e3%82%b5%e3%83%ab%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%84%e3%82%a4%e3%83%bc%e3%83%89

¥84.000+tax
イタリアの老舗ファブリックメーカー、サルティ社の生地を使用。
今年らしいビッグフォルムに加え、ヘリンボーンツイードの
ブリティッシュな気品漂う上質な一着。
特別な一着として枚数もかなり限定してお作りしていますので、
気になる方はぜひお早めにチェックを:)

63afc057%e3%83%ad%e3%83%9e%e3%83%b3%e3%83%93%e3%83%bc%e3%83%90%e3%83%bc

coat per ¥52.000+tax
同じデザインの素材違いver.
トラディショナルなイメージのツイードverに対して、
こちらは柔らかな質感が優しげ。
整えられた毛並による自然な光沢感が上品。

 

 

 

いかがでしたか?
まだまだアウターのラインナップは豊富にございますので、近々第2段をお送りしますね:)
どうぞお楽しみに!
尚、11/14(mon)までコートをお買い上げの先着25名様に、
1er Arrondissmentからパリのお土産をプレゼント!
詳細は前回の記事よりご覧ください:)