2018SSシーズンカタログ撮影の裏側をレポート②

皆さま、こんにちは。

 

今回は前回に引き続き、「Rustic」を意識した
2018SSシーズンカタログ撮影の裏側をレポートします。

 

re_0006_10

今回、外ではなくスタジオで撮影したのには理由があります。
それは日本ではなかなかモロッコのようなエキゾチックな
雰囲気を持つロケーションが見つからなかったということ。
それならばと考えたのが、白壁の前に赤土を敷き、
あえてシックに見せるスタジオ内での撮影です。
それにより1er Arrondissementがイメージする「Rustic」に近い、
異国の地、日本ではないどこか、、、を作り出すことができました。

 

re_0007_11

床に敷かれた赤土は、全部で300㎏。

 

re_0003_12

モロッコの城塞に囲まれた居住地区であり、赤茶色の
日干し煉瓦の建物が印象的な世界遺産
アイト・ベン・ハドゥを想起させます。

 

re_0008_13

re_0009_14

「Rustic」では、モロッコの人々が着る民族衣装っぽさを大事にしています。

 

特に多いのは砂漠をイメージしたサンドベージュのアイテムや、
赤土をイメージしたオレンジやテラコッタのようなアイテム。
灼熱のリゾート地にもなじむ色合いです。
re_0004_15
ベージュのバリエーションはかなり豊富なため、
お気に入りの色がきっと見つかるはずです。

 

re_0005_16

小物はベージュにも合わせやすいゴールドとシルバーを揃えました。

 

またストライプ柄は、ベーシックなもの、カラフルなもの、
ピッチ違いまで数多くの種類を展開します。

re_0006_17

re_0007_18

素材も、夏には灼熱となるモロッコにあわせて、
風通しがよく肌にはりつかないものを厳選。
そのためボリューム感あるアイテムを幅広くご用意しています。
またざっくりとした縫い目の涼し気なニットや、
ゆったりしたシルエットのサテン素材のパンツなど、
暑い地域ならではのエッセンスをとり入れたアイテムも、、、。
ラフなシルエットは、1er Arrondissementらしい
レイヤードスタイルにもオススメ。
力を抜きながらも、オシャレを忘れない着こなしは
パリジェンヌのバカンスを想像させます。

 

re_0010_19

時折笑みも漏れるスタジオ内は、
リゾートをイメージした撮影らしくリラックスムード。
ムーディーな音楽が流れる中、順調に進み、
朝からはじまった撮影もお昼過ぎには終了。

 

リゾート気分を味わえるアイテムが沢山そろう2018SSシーズン。
1er Arrondissementが提案する「Rustic」なアイテムを
着用すれば忙しい毎日でも、
肩の力を抜いたリラックス気分で過ごすことができます。
バカンスだけでなく普段の日常の中でも、
リゾートへ遊びに行ったときのような優雅で
開放感溢れる時間を過ごせるに違いありません。

 

2018SSシーズンカタログ撮影の裏側レポートは今回で終了。
ぜひ、カタログのできあがりをお楽しみに!!