1. Journal du 1er Arrondissement 富岡佳子さんの「頼れる黒」

知性を引き出すモノトーン

今シーズン再注目されているモノトーンは、凛とした強さ、たおやかさ、艶っぽさなど、大人の女性の美しさを引き出してくれる色。そしてシンプルなだけに、その人の内面やセンスが試される色でもあります。「黒は落ち着くし、頼りになる色」と言うモデルの富岡佳子さんが、大人のモノトーンスタイルを素敵に着こなしてくれました。

LOOK 1

肌触りに満たされる
リュクスなニットスタイル

リラックス感のあるフーディにたっぷりとしたロングカーディガンを重ねたニットレイヤードが新鮮。圧縮パイルのテーパードパンツを合わせたカジュアルなスタイリングながら、ラムウールの上質感が大人の品格を演出してくれます。
「ニットのレイヤードって難しく感じますが、セットアップになるタイプなら簡単でいいですね。セットアップは迷ったら買っておく。が合言葉。自分でバランスを作るのは難しいし、合わせればそれだけで上級者に見えるし単体でも着回せる。何枚も単品を持っているより、鉄板コーデがひとつあれば最強だと思います。カジュアルすぎない細めのリブも大人に丁度いいですね」

リラックス感のあるフーディにたっぷりとしたロングカーディガンを重ねたニットレイヤードが新鮮。圧縮パイルのテーパードパンツを合わせたカジュアルなスタイリングながら、ラムウールの上質感が大人の品格を演出してくれます。

「ニットのレイヤードって難しく感じますが、セットアップになるタイプなら簡単でいいですね。セットアップは迷ったら買っておく。が合言葉。自分でバランスを作るのは難しいし、合わせればそれだけで上級者に見えるし単体でも着回せる。何枚も単品を持っているより、鉄板コーデがひとつあれば最強だと思います。カジュアルすぎない細めのリブも大人に丁度いいですね」

LOOK2

計算されたレイヤードで魅せる
知的なオールブラック

軽やかなウールビーバーのロングコートに同素材のストールをレイヤード。ストールはそのままラフに羽織っても、巻いてもサマになり、単品でも活躍してくれそう。コートの中に着たのはカーディガンをレイヤードしたように見えるデザインニット。「小技が効いてる!」と富岡さんもお気に入り。
「オールブラックでただシンプルに着ていたら無難になっちゃう。素敵な着こなしに仕上げるには、素材を丁寧に重ねるとかテクニックが必要ですが、アイテム自体が洒落ていたら、それだけで成立します。大人の黒は、シンプルすぎるものは避けて、デザインで主役感があるものを選びます」

軽やかなウールビーバーのロングコートに同素材のストールをレイヤード。ストールはそのままラフに羽織っても、巻いてもサマになり、単品でも活躍してくれそう。コートの中に着たのはカーディガンをレイヤードしたように見えるデザインニット。「小技が効いてる!」と富岡さんもお気に入り。

「オールブラックでただシンプルに着ていたら無難になっちゃう。素敵な着こなしに仕上げるには、素材を丁寧に重ねるとかテクニックが必要ですが、アイテム自体が洒落ていたら、それだけで成立します。大人の黒は、シンプルすぎるものは避けて、デザインで主役感があるものを選びます」

LOOK3

シャツを重ねた着こなしで
定番ニットを鮮度アップ

ふわっと首を包み込む絶妙なネックの立ち上がり、サイドと背中に入ったスリット効果で360°どの角度から見てもサマになると、毎シーズン大人気のハイネックニットに、ロングシャツをレイヤード。
「白シャツは通年で着ている私の定番。ハイネックニット×スカートというシンプルなコーディネイトも、白シャツを挟むとニュアンスが出て、洒落見えする。タートルニットはあまり着ないのですが、このくらいのゆとりのあるハイネックは着やすそう」

ふわっと首を包み込む絶妙なネックの立ち上がり、サイドと背中に入ったスリット効果で360°どの角度から見てもサマになると、毎シーズン大人気のハイネックニットに、ロングシャツをレイヤード。

「白シャツは通年で着ている私の定番。ハイネックニット×スカートというシンプルなコーディネイトも、白シャツを挟むとニュアンスが出て、洒落見えする。タートルニットはあまり着ないのですが、このくらいのゆとりのあるハイネックは着やすそう」

LOOK4

ウールサテンのセットアップを
ニットジレでリラクシーに

絶妙な艶感を放つウールサテンのセットアップは、毎シーズン人気の素材。オーバーシルエットのスキッパーブラウスとジョガーパンツは、着心地は楽なのにきちんと感があり、セットアップで揃えておけば万能に活躍してくれること間違いなし。
「このセットアップは、体につかず離れずの地厚さと上品な艶感がちょうどいい。艶のある素材って薄手のものが多いですが、この素材なら大人も着やすいし、中にニットを重ねたりしてもいいですね。ジョガーパンツも素材感がきれいだから、今年らしいブーツ合わせ以外に、パンプスを合わせても素敵。ニットジレはボタンが付いていてアレンジも楽しめそう。裾のフリンジも好きです」

絶妙な艶感を放つウールサテンのセットアップは、毎シーズン人気の素材。オーバーシルエットのスキッパーブラウスとジョガーパンツは、着心地は楽なのにきちんと感があり、セットアップで揃えておけば万能に活躍してくれること間違いなし。

「このセットアップは、体につかず離れずの地厚さと上品な艶感がちょうどいい。艶のある素材って薄手のものが多いですが、この素材なら大人も着やすいし、中にニットを重ねたりしてもいいですね。ジョガーパンツも素材感がきれいだから、今年らしいブーツ合わせ以外に、パンプスを合わせても素敵。ニットジレはボタンが付いていてアレンジも楽しめそう。裾のフリンジも好きです」

〜黒の達人、富岡佳子さんに聞く「大人の黒」の選び方〜

黒の達人、富岡佳子さんに聞く
「大人の黒」の選び方

選ぶ服はほぼほぼ黒。毎日どこかしらで黒を取り入れているという富岡さんは、年齢とともに黒がフィットするようになってきたと言う。「黒って強さがあるじゃないですか。混じりっけのない色だから、それだけで成立する。ステイホームが続いている今、外出着ってちょっとエネルギーがいるけれど、黒は着るだけで気持ちも見た目も引き上げてくれるから楽。内面を隠しつつも、マインドを外に向けてくれる。そんな頼りになる存在です。

とはいえ楽だからと黒ばかり着ていると無難になってしまうから、着るならこういうシルエットとか、この素材ならこの形とか、自分の中でルールを決めて取捨選択をしています。大人の黒はそのくらい覚悟を決めた方がいい。ある程度年齢を重ねたら、1枚で主役になるようなデザインの効いたものを選ぶこと。シンプルすぎるリブタートルとかはもう似合わないから手放して。40代から50代に移行する頃に、ちょっと往生際が悪いか、今の自分に合うものをきっぱりと見極められるか、その俯瞰(ふかん)力が大事だと思います。」

モデル:富岡 佳子

富岡 佳子 - Yoshiko Tomioka モデル

大阪府出身。19歳でモデルビューし、数々の女性誌の表紙を飾るなど常に第一線で活躍。母として、一人の女性として、年齢を重ねるごとに輝きを増す自然体な魅力で幅広い年齢層から支持を集める。

ウェブコンテンツ
LETTERS FROM YOSHIKO TOMIOKA
インスタグラム Instagram
@yoshikotomioka

10/15(金)富岡さんのスタイリングを担当いただきました
スタイリストの村山佳世子さんとのインスタライブ開催
詳細は随時ホームページでご案内いたします

MODEL/YOSHIKO TOMIOKA
PHOTO/AKIRA KITAJIMA
STYLING/KAYOKO MURAYAMA
HAIR&MAKE/TOMOKO NODA
EDIT/ERIKO AZUMA

facebook
Top