1. Journal du 1er Arrondissement 五明祐子さんが選ぶ秋ルック

大人のモードなレイヤード

飾らない自然な笑顔、どんなアイテムも自分らしく着こなすファッションセンスで人気を集める
モデル・五明祐子さん。
ブリティッシュトラッドやミリタリーのエッセンスを落とし込んだプルミエ アロンディスモンの
新作からお気に入りをピックアップ。この秋気になる「レイヤード」をテーマに、
自然体で楽なのに、どこかモード感のある4スタイルを披露してくれました。

LOOK 1

トラッドなチェックのジレは
ワントーンで気張らずに

「こういうジレが1枚あれば、秋の気分をいち早く取り入れられそう。ジャケットよりも着回せるシーンが多くて活躍してくれそうです。合わせるアイテムが難しいかなと思ったけれど、セットアップになるパンツと同系色のニットでワントーンで合わせたらしっくりきました」
抜け感がありつつセンシュアルな着こなしは五明さんならでは。そのポイントは?「全身のバランスを見て袖をたくし上げたり襟を抜いたり…着こなしの足し算引き算は自然にやっているのかもしれません。あんまりこれにはこれって決めすぎちゃうのも良くないと思うので適当に。そのほうが抜けが出ていいのかもしれないです」

LOOK2

女らしさを引き出す
センシュアルなセットアップ

艶やかな素材の中で体が泳ぐような優雅なセットアップは、フェミニンなアイテムがあまり得意ではないという五明さんもお気に入り。
「基本的にはカジュアルなものが好きなのですが、年齢的にもあまりシンプルすぎると厳しいなと思う時もあって。このセットアップは艶感とかドレープ感がきれいなのにリラックス感もあって、ちょうどいいですよね。秋らしいバーガンディの色味も素敵でした」

LOOK3

シャツとブーツの絶妙バランスでつくる
大人のミリタリー

「こういうシャツは、1枚でさらりと着ても秋口の羽織としても使えるので便利ですよね。気負いのないシンプルなミリタリーシャツなら、どんな人でも着こなしやすいと思います」
シンプルなコーデュロイパンツにロングブーツを合わせたことで、一気に今年らしく旬なスタイリングに。「ロングブーツ、ずっと来るって言われていたので気になっていて。今年はブーツインしたいですね。このバランス、好きです」

LOOK4

デザインニットがかなえる
ラフなレイヤードで心地よく

巻物は大好きでストールやマフラーを使ったレイヤードが秋冬の定番という五明さん。どうやって巻いてるんですか?とSNSでの質問も多いそう。
「それこそ適当なので、聞かれても分からないんです。このニットはプルオーバーとストールがセットになっているので、どんな風に巻いても形が決まりそうですね。ワントーンで合わせたベロアのパンツはウエストゴムで楽なのに形も綺麗なのが嬉しい」

巻物は大好きでストールやマフラーを使ったレイヤードが秋冬の定番という五明さん。どうやって巻いてるんですか?とSNSでの質問も多いそう。「それこそ適当なので、聞かれても分からないんです。このニットはプルオーバーとストールがセットになっているので、どんな風に巻いても形が決まりそうですね。ワントーンで合わせたベロアのパンツはウエストゴムで楽なのに形も綺麗なのが嬉しい」

Youtubeチャンネルを立ち上げるなど新しい試みにも挑戦している五明さん。その原動力とは?
「洋服と一緒であまり考えていないんです。なんとなくやってみようかなって。やってみたら楽しくて、楽しいうちはやってみようかなと。9年前に東京から湘南に引っ越してから、愛犬と一緒に海辺を散歩したり、何気ない時間が楽しくて充実しています。ファッションも暮らしも、自分らしく、無理をしないのが新しいチャレンジを楽しめる秘訣なのかもしれません」

モデル:五明祐子

五明 祐子 - Yuko Gomyo モデル

1973年生まれ神奈川県横須賀市出身、湘南在住。18歳でモデルデビュー後、数々のファッション誌やCMに出演。自然体でこなれたカジュアルスタイルにファンも多く、ファッションブランドとのコラボ、プロデュースなどでも活躍。

インスタグラム Instagram @gomyoyuko
YouTube Youtubeチャンネル GOMYO CHANNEL

【9/16(木)五明祐子さんとのインスタライブ開催】
詳細は随時ホームページでご案内いたします

STYLING・MODEL/YUKO GOMYO
PHOTO/SHUSEI ARIMAM(MOUSTACHE)
HAIR&MAKE-UP/EIKO SATO(ilumini)
STYLING SUPPORT/1er Arrondissement
EDIT/ERIKO AZUMA

facebook
Top