1. NAOKO OKUSA SUMMER CLOSET × 1er Arrondissement

Vol.1
リネンで作る、大人の夏スタイル


ファッションエディターであり、スタイリストである大草直子さんによる特別企画。
好評だった秋冬に続き、大草さんが、プルミエ アロンディスモンで夏のワードローブを整えるなら――?をテーマに全2回でお届けします。vol.1でクローズアップするのは「リネン」で仕立てた4つのアイテム。
洋服を選ぶときは、「素材」を重視するという大草さん。
そんな大草さんがこの夏着たいリネンアイテムとは?

#01LINEN SHIRT

「私」をまとう、リネンのオーバーシャツ

初夏の服の楽しさは、「空気を着られる」こと。例えばこんなオーバーサイズのシャツで。1年で一番リラクシングな――ドライで軽い空気をふわりと着よう。ラフに着た後は、襟を立てても良いし、カフスをぐっとたくしても。フロントのボタンをルーズに開けて、さらに、裾に付いた小さなボタンでカシュクールにしたって素敵。そう、着方を工夫すれば「私、という空気」だってまとえるのだ。

#02LINEN SKIRT

「なりたい私」になれる、
リネンのマキシスカート

洗いのかかったリネンが描く、柔らかなフレアーのシルエットが、歩くたびにさらさらと動き、「着る人の輪郭」を柔らかく作ってくれる。「着手(きて)」にストレスを与えないコンフォタブルなディテールは、その人自身を、ゆったりとゆとりのある人に見せてくれるし、女性らしいラインは、おしゃれのモティベーションを上げてくれる。「こんな女性になりたい」が叶うスカート。

#03COTTON-LINEN KNIT

春から秋のさまざまな景色を、
このニットで楽しみたい

少し素肌が透けるほど繊細に編み立てたニットの、からりとドライな質感。コットンとリネンをブレンドした1枚は、湿度のある大人の女性の肌を引き立て、清潔な色気を引き出してくれる。手首をきゃしゃに見せるスリットや、鎖骨を美しく見せるネックラインなど、私を安心して預けられるデザインも特徴。こんな1枚があれば、春、初夏、夏、そして秋の初めまで、日本の細やかに変化する気温や湿度さえ味方にできる。

#04LINEN BLOUSE

こんなブラウスを迷った朝は。
「着る=素敵になる」が手に入るから

鎖骨を美しくアピールし、袖はふんわりと繊細で。後ろにぜいたくに入れた細かなギャザーは、なんと幸福そうなことか。着るだけで「素敵になれる服」があるのだとしたら、こんなブラウスなはず。インナーに合わせる素材や色、そしてカフスをどこまでたくすのか、さらに裾をインにするのかアウトにするのか――着方が、その人にゆだねられているのが良い。「私だけの素敵」を、着こなし方で探していけるから。

いかがでしたか? リネンだからこそ感じられるドライな肌触り、表情、そしてシルエット。素材にこだわると、おしゃれはより心地よく、より奥深く、より楽しくなります。ぜひ、参考にしてみてくださいね。さて次回は、本格的に暑くなる前に知っておきたい、大草さん流の「涼感コーディネート」をご紹介。5月7日(金)に公開予定です。お楽しみに!

大草直子さんが主宰するメディア「AMARC(アマーク)」では、本記事でご紹介したコーディネートを徹底分析!メインアイテムだけでなく、合わせのアイテムも含めて、大草さん流のコーディネートの組み立て方をお届けしています。ぜひ、合わせてご覧ください。

>> AMARCの記事はこちらから

vol.2 涼感コーディネート
5月7日(金)公開予定


スタイリスト:大草直子

大草 直子 エディター、スタイリスト

1972年生まれ。東京都出身。大学卒業後、現ハースト婦人画報社に入社。雑誌の編集に携わった後、独立。ファッション誌、新聞、カタログを中心にスタイリングをこなすかたわら、イベント出演や執筆業にも精力的に取り組む。2019年4月には新しいメディア『AMARC』を立ち上げた。講談社のWEBマガジン『mi-mollet』コンセプト・ディレクターでもあり、新著『飽きる勇気』ほか、インスタグラムも人気。

【SHOP】
4月16日(金)店頭販売 START

Styling & Text:Naoko Okusa
Photo:Taro Okabe
Hair & Make-up:Fuyumi Kubo(ROI)
Edit & Text:Ayako Suzuki(HRM)

facebook
Top